フリーターからの就職活動。就活はやっぱりタイミングが大事

私は、以前の会社で1年半プログラマーの仕事をしていました。日々、パソコン画面との睨めっこでしたので、眼も悪くなり、眼科に通いながら仕事をしていました。しかし、このような体調だと、そう長くは続けることが出来ないだろうなと思い、その会社を退職しました。

 
人生1回、ゆっくりと休憩をしてみたいと思っていましたので、失業保険を貰い終えるまで、転職活動はせず、のんびりと過ごそうと思い、半年間だらだらと毎日を過ごしていました。

 
失業保険の認定をしに、ハローワークに月に一度通っていたのですが、その時に、ついでに求人情報でも見ておこうと思い、ハローワークで求人を閲覧していました。すると意外にも大手企業が求人をかけていたのです!!

 
それを発見した私は、失業保険もまだ貰い終えていないので、応募はしないでおこう。また直ぐに、大手企業の求人が出てくるだろうと、軽い気持でその時を過ごしていました。失業保険を満期まで貰い終え、「さて、就職活動をするぞ!」と意気込んで、ハローワークにて求人情報を閲覧していました。24歳フリーターからの就職活動です。

 

しかし、大手企業の求人が一つも出ていないのです。しかし、いつか出てくるだろうと思い、私はハローワークに週2回通っていました。しかし、大手企業の求人が全く出てこないのです。。。そのまま、1年6ヶ月が経ちました。

 

大手企業への就職は諦めて、今では中小企業に勤めています。あの時、失業保険を貰っている時にたくさん出ていた、大手企業を受けていれば、もしかしたら今頃は違った人生だったのかも知れません。安月給で、有給も使ってはいけない。そして、休日日数が少な過ぎる、今働いている中小企業。伸るか反るか、あの時のタイミング次第だったのかも知れません。