春の箱根旅行

一昨年の春、箱根へ旅行に行きました。箱根に行ったのはまだ2.3歳の小さい頃以来ということもあり、ガイドブックをよくよく読んで向かいました。

 

朝8時半頃に出発するロマンスカーに乗り込み、箱根へ。普段乗らない電車の窓から見る景色は新鮮でいいものですね。寝ようかな、なんて考えていたのですが同行者とのおしゃべりも弾み、気づいたら箱根湯本駅に到着していました。
当日はとても良い天気に恵まれてラッキーでした。あらかじめガイドブックで調べておいた蕎麦のお店で少し早めのランチ。案内された席が窓側だったので、外の景色を楽しみながら美味しい蕎麦を味わいました。景色がいいと美味しい物がさらに美味しく感じられるように思います。

 

ランチの後は登山電車に乗って大湧谷へ向かいました。登山電車、わくわくどきどきしました!あんな急勾配をたくさんの人を乗せた電車が登って行くのです。作るのはさぞかし大変だったのだろうなぁと思いながら、車窓から春の景色を楽しみました。車内に外国の旅行者も多くいて、同じように景色を楽しんでいたのも印象的でした。

 

 

大湧谷へはロープウェイを利用したのですが、乗っているうちになんだか雲行きが怪しくなってきました。案の定、到着した時には雨がパラついていました。ただ、そこは山の天気です。変わりやすいのは当たり前なので少し様子を見ることにし、お土産を見たりして時間を潰していました。すると、やはり晴れてきました!
この晴れを逃すしてはいけない、と上の方まで登っていきました。有名な黒たまごを作っているところを見ることもできました。食べたことはあっても作っているところは見たことがなかったので、思わずじーっと見てしまいました。
大湧谷をまたロープウェイで下り、その後はいくつかの美術館を周りました。本当なら1日で2つ回るつもりだったのですが、じっくり見たかったので1つは翌日に行くことにしました。箱根は美術館がとても多くあるのも魅力のひとつですよね。この時の旅行で行けなかった美術館にもぜひ訪れてみたいと思っています。

旅行