伊良部島の海に感動しました

二年前のゴールデンウイーク、沖縄の宮古島に行ってきました。きっかけは、当時兄が住んでいて、久しぶりに会いに行くというものでした。今まで沖縄本島は行ったことがあるけれど、離島は初めてです。本当の海でもあまりの美しさに感動したものですが、皆離島の海の美しさは筆舌に尽くしがたいと言います。

 

どんなもんかな?半信半疑で飛行機に乗りました。那覇空港を経て宮古島空港に降り立ち、ゴールデンウイークだというのに今にも降り出しそうな空の色。聞けば沖縄では5月に梅雨入りするそうです。抜群の天気には恵まれませんでしたが、早速シュノーケリングに向かいました。合流した兄曰く、シュノーケリングは宮古島にもいいところがあるが伊良部島が絶対いい、とのこと。シュノーケリングには2日間日程を設けていたのでまず初日は宮古島と池間島で楽しみました。色とりどり魚たちを見て日頃の仕事の疲れを忘れ癒されました。そして翌日、おすすめの伊良部島に向かいました。今でこそ橋が架かり車で行き来ができるようになっていますが当時は船のみ。

 

乗船してまもなく岩壁を見ると、水面近くを泳ぐウミガメを肉眼で確認することができ、興奮しました。さぁ、伊良部島につき、中の島ビーチというところを目指しました。人があまりいなく、静かなビーチです。例によってその日も曇り空で海の色の美しさはあまりわかりませんでしたが、いざ潜ると・・、そこは竜宮城のような世界でした。前日にいったビーチも美しかったのですが、こちらはまるでレベルが違いました。水中の透明度がまるで違うのです。サンゴ礁の紫色や美しい魚たちの色がきれいに映えていました。ライフガードとあしびれを付けていたので、思い切って沖の方まで泳ぐと足がつかない深いところに出ました。

 

水面近くからそれらを見下ろして、これが自然が作り出した美しさなのかと信じられない喜びと心から感動しました。感動という言葉でしか表せないけれど、それ以上の気がする。生まれて初めての心が震えるという経験でした。生命が何にも邪魔されずそのままの姿であることはこれだけ美しいものなのだなと初めて知りました。

旅行